2020年06月08日

AIで表示が選別される=自分の書き込みは(人間には)誰にも見られていない説

Twitterで優先表示されるタイムラインは、規定値ではTwitterシステムのAI的なものが自動選別するおすすめツイートであり、時間優先で表示されるわけではないそうです。
となると、逆の立場で言えば、人気のない自分自身のツイート群は、誰にも見られていないという可能性がほんとに出てきたわけで。いろいろツイートで騒いでも、実は誰にも見られていないとか。‬

全世界に発信しているつもりで、実は誰にも届いていないツイート。‬


同じようにアクセスカウンタをつけたブログについて、1日あたり数百カウント回っていたとしても、実は検索エンジンのbotが定期的にカウンタを上げているだけで、実は人間に対しては誰にも届いていないのかもしれない。
どんなにブログ上で騒いでも、実は誰にも見られていないとか。‬

だいぶ前に、Twitterとmixiが連携した時、Twitter上に投稿した内容はmixiに届くので、mixiユーザーはmixiがにぎわっているように見えるけど、実はmixiユーザーが書き込んだ内容はTwitter側には反映されていないから、実は誰にも届いてない…みたいなことが起きるんじゃないかなぁみたいな話を書いたのですが、それと似たような感じですかね。

‪そういえば、ラジオの話として、自局を含め、ネットされている全放送局が特番であることが連絡ミスで制作陣に連絡されておらず、生放送したラジオ番組がどこの局からも放送されていなかったことが後から分かったとかいう事件が、過去に他番組であったと、伊集院光さんのラジオ番組でネタにされていたけど、それと似たような感じかもしれないですね。‬


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット