2020年06月09日

そういえば、敵を太陽に落とし込むような攻撃って、できるのかな

ドラゴンボールZの映画で、フリーザの兄「クウラ」が地球に攻めてきて、悟空たちに排除されるという話がありました。

物語の最後で、クウラは悟空の放つかめはめ波かなんかで地球から遠ざけられ、そのまま太陽まで到達し、太陽に押し付けられて終わりを迎えます。
(ただし、後の映画でサイボーグ化されてメタルクウラとして復活し、新ナメック星に攻め込んでます)

そんな感じで、地球上にいる敵(地球上にある物体)を、太陽まで連れていくにはどうするのが良いでしょうか。
現実の太陽探査の人工衛星とか、水性探査の人工衛星とかは、相当苦労して飛ばしているように見えます。

太陽は、地球とは比べ物にならないくらい巨大で、膨大な引力を持つので、物質は太陽に向かって落ち込んでいきそうに思えます。
っていうか、さらにその400万倍の重さを持つ銀河中心のブラックホール「いて座A」だって、かなりの引力を持っていますから、そっちに落ちていきそうな気がしなくもない。

ただ、現実にはそうはならないし、やろうとするとかなり苦労します。

そもそも、地球が太陽に向かって直接落ちていかないのは、地球が太陽の重力と釣り合うくらいの速さでいい感じに回転(公転)しているからで、その速度は300km/sとのこと。

地球の重力を振り切り、公転速度の300km/sを振り切るくらいの勢いがあって、初めて、太陽に自然落下していけるわけですね。そりゃ大変なわけです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ