2020年06月16日

やはり正しい情報を伝えるには、繰り返し、しつこいと思われても、情報を発信し続けるしか。

Android版のTwitterアプリに、リツイート前にリンクを開くか訪ねる新機能をつけるというニュースが話題になっていました。いわゆる脊髄反射リツイートというやつですね。リツイートに限りませんが、リンク先の記事を読まずにタイトルだけで勝手に脳内補完してしまう現象は、よくあります。多分これは、人間の根源的な何かなんだと思います。

(人間の脳は、極力「ラク」をしようとするので、新たに記事を読むなどという疲れることはせずに、タイトルを読んで、自分の脳内にある知識と常識を組み合わせて、勝手に、書かれているだろうことを脳内補完し、しかもそれを真実だと思い込むんだと思います。たぶん)

直近で発生した誤検知問題に関するページの、6月16日の追記でも書きましたが、たぶん、「まだ誤検知問題は収まっていなかったのか」的なツイートをしてしまう人は、リンク先の記事を全く読んでいないんだろうなということが想像できるとともに、2014年の問題解決時の記事も読んでもらえていないし、2015年に苦言を呈した際の記事も読んでもらえていないということになるのかなと思います。

まぁ、たぶんこれは、人間の根源的な何かなんだと思います。

正しい情報を伝えるためには、しつこすぎると思われたとしても、情報を発信し続けるしかないんだろうなと思います。


幸いなことに、2012年の時のように、作者の言うことは信用できない、トレンドマイクロ社が情報を出していないので信用しない、と言ってくる人はおられませんでした。この8年で、ずいぶん状況が変わったなぁと、しみじみ思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記