2020年07月13日

最近リモートワークで心がけている「パフォーマンス調整」

最近、リモートワーク時代の「コツ」とか「心がけ」みたいな聞くことが多くなりました。

よく聞くのが、プライベートと仕事を切り替える、OFFとONをどのように切り替えるか。
一日の中で「仕事を始める」にしても「仕事を終わる」にしても、切り替えをしないと、ダラダラとしてしまうもの。
「仕事の前に犬の散歩を入れる」
「リモート会議で顔出しは求められていないが、白いワイシャツに着替えて、心を切り替える/軽く化粧はするようにしている」
など、いろいろ聞きました。

私の場合は、OFFとONの切替えについては、さほど重要視していないのですが、「仕事を依頼したり」「仕事を受け取ったり」という、人と人とのつながりが見えにくくなるのをどう改善するかは考えることがあります。

事務処理をスタッフ部門にメールで依頼した時、なかなか返事が来なくて、処理中なのかメールが受け取れていないのかわからないとか。
(特に、自分自身がそんなに急いでいないけど、一週間くらい経過しちゃったときにどうしようか、みたいな。電話は嫌いなので、催促メールか催促Skype飛ばすわけですけど)

そんな感じで、とりあえず「受け取りました(処理はこれからですが)」という返信メールを出すくらいはしておいてもいいのかなと思います。それくらいなら、他の作業や、他のリモート会議が進行中でもできますからね。

そんなことを考えたとき、ふと、Windowsのパフォーマンスオプションの1つが脳裏をよぎりました。

202007_win_pa_op.png

「プロセッサのスケジュール」
プロセッサをのリソースをどう割り当てるかを選択するオプションで、「プログラム」なのか「バックグラウンド サービス」なのかを選べます。
一般的に、Windowsをワークステーション的な使い方をしているときは「プログラム」にして、サーバ的な使い方をしているときは「バックグラウンド サービス」を選ぶ感じでしょうか。

PCの前に座っているユーザーに対して、表面上、パフォーマンスが良いように見せるような動き方をしたいなら、「プログラム」にしておく感じですね。

リモートワークの場合も同じで、ひとまず、「返事を返しておく」ことで、実際の作業がそこからしばらくかかるものだったとしても、依頼者のストレスは軽減されるはずなので。本当に仕事が早くなったわけではないが、ストレスを軽減することで、なんだか早く反応してもらえたような気がする、みたいなところでしょうか。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC