2020年07月18日

2週間後に分かる検査の話と、640年後に分かる超新星爆発の話と

以前、「PCR検査の結果が分かるのは、検査の2週間後だから、今日分かっている感染者数は、2週間前の状況である」「陰性がわかったとしても、それは2週間前に陰性だったかもしれない(偽陰性もあるので「かもしれない」としている)ことがわかるだけなので、現在の陰性証明にはならない」という話を聞いたとき、ふと、ベテルギウスの超新星爆発の話を連想しました。

ベテルギウスは地球から約640光年離れているので、今、超新星爆発したとしても、それがわかるのは約640年後ということになります。

そういうことから「今、爆発しても、それが分かるのは640年後というわけですから、我々が生きている間に爆発が見られることは無いだろう」と結論付けている説明を書いている人がいたんですが、なんでそういう結論になるのかな?と。

もしかしたら、639年前に爆発していて、あと1年で爆発の光が地球に届くという状況かもしれないというのに。

こういうのって、科学ライターみたいな人でないと、論理的に取り扱うのは難しい分野なのかもしれません。


続きを読む
posted by ayacy at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記