2020年08月11日

本日公開の「改行コード変換Lite v2.02.07β」での出力ファイル生成ルールの変更点について詳細

本日、改行コード変換Lite ver.2.02.07βを公開しています。

直前のバージョン(2.02.06)では、入力ファイル名を入れたら、出力ファイル名を「入力ファイル名+_out」で自動的に生成する機能を追加したわけですが、いろいろ使っているうち、「入力ファイル名+_out」だけだと味気ないというか、後で出力ファイルを見たときにどういう処理を行ったのかが分からなくなるような気がしたので、ver.2.02.07βでは次のルールで変更することにしました。

選択中の機能
付加名称
(v2.02.06)
付加名称
(v2.02.07β)
改行コード挿入  CR+LF_out
      
_crlf# (#:指定したバイト数)
LF_lf# (#:指定したバイト数)
CR_cr# (#:指定したバイト数)
改行コード変換・統一  CR+LF_crlf
LF_lf
CR_cr
 無効なコントロールの置換または削除 _out

ちょっとルールが複雑になりましたので、いったんベータ版を挟みます。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト