2020年09月23日

Nintendo 3DSシリーズの生産終了ということで思い出を振り返り

2020年9月16日にNintendo 3DSシリーズの生産終了となったというニュースがありまして、いろいろ振り返ってみる良い機会に恵まれました。

子どもの頃は携帯ゲーム機を持つことはなく、初めて携帯ゲーム機を買ったのがNintendo DS Liteでした。
その後、自然な流れでNintendo 3DSも購入することになりましたが、発売時期が2011年の東日本大震災と重なるなどして入手に時間がかかり、2011年3月20日にようやく入手できました。

当時ウリだったのは、なんといっても3D裸眼視機能で、これがあるから「3DS」という名前が付いたと言っても良いでしょう。

そういえば当時は、テレビ業界も3D元年みたいな感じの年だった気がします。いや、3DSの方が少し先んじていたかな。
特殊なメガネをかけないと観られないタイプのテレビがあったり、裸眼で観られるタイプがあったり、いろいろありました。

任天堂も、3Dコンテンツの普及に力を入れていたと思います。
様々なゲームは3Dで登場していましたし、過去作品の3D化にも力を入れていたように思えます。ゼビウスも当時の8bitテイストのまま3Dになっていた気がする。マリオ3Dランドは立体視ならではで、画面上から違和感を掴んでプレイするスタイルのものもありました。
「3Dテレビ」「3Dビデオ」などの3DS向けのコンテンツ配信もありました。
テレビ局を巻き込んでのコンテンツ作りのスタイルは、当時の岩田社長の得意とするところだったのかもしれません。

そういえば自分も、あれのおかげで「アイドリング!!!」の存在を知ることができた気がしますし、そういえば「まめしば」もアレで知ったかなぁ。

ただ、世間的には3Dコンテンツの普及はそれほど進まず。
3Dのゲームも、視点の置き場がなかなか定まらずに、逆に没入感を削ぐ結果になった気がします。
立体視としては、VRゴーグルの方が本命かもしれません。
こっちも、VR元年と言われ続けて長いですが、PSVRなどはまだまだ頑張ってますね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム