2020年10月05日

ピンチをチャンスに変えられる人材?人財?ってなんなんだろう。

今から14年くらい前に、仕事の都合である日突然(出社したらその場で)「今から福岡に行ってこい。1〜2週間くらいで終わるから」みたいな感じで福岡に出張し、そのまま4か月間、帰ってこられなかったということがありました。

いわゆる炎上案件で、大量の労働者が突っ込まれたものの場所もPCも少なく、昼夜交代制になっており、土日関係なく、毎日夕方18時〜朝11時までの夜勤を行い、毎月200時間超の残業をこなしていました。
若かったのでなんとかなったのと、まだITバブルがあったので、残業代がフルに出たこともあって、モチベーションは維持できていたのですが、現代の日本社会みたいに、裁量労働制の名の下に残業代が出なかったとしたら、どうなっていたことか。

たぶん、仕事を辞めていたでしょうね。

とにかくまぁ、社会人3年目として究極の「ピンチ」を味わっていました。

その数年後、会社が社員に掲げるビジョンとして「ピンチをチャンスに変えられる人財」みたいなのを見せられた時「あのピンチはどのようにチャンスに変えればよかったのか?」と思うようになりました。

今から思えば、ITバブル中でフルで残業代が出ていたときに、若くて体力もあって、200時間越えの残業を何か月もできたというのは、ある意味「チャンス」どころか「ボーナスステージ」だったんじゃないかと思わなくもないですが、当時は肉体的にも精神的にも辛くて、まさに「ピンチ」だと思っていました。

たぶん世の中には、チャンスに変えられるタイプのピンチと、チャンスに変えられないタイプのピンチが存在し、すべてのピンチがチャンスに変えられるわけではないのだと思います。

例えば、極端な話、惑星が破壊されるレベルの隕石が落ちてくるピンチをチャンスに変えることなんて、早々できないんじゃないかな、とも思います。
(すごい回避手段を思いついて、人類史に名前を残すスーパーヒーローになるというチャンスはあるかもしれませんが)



続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記