2020年10月16日

お気持ちと感情の会話と、論理的な会話。小学生相手の会話は難しい。でも、どっちが上?

比較的ロジカルな職場で働いていると、世の中のすべての会話は論理的に通じると思い込んでしまいがちであり、自分も20代〜30代序盤のころは、そうだと思ってしまっていました。

しかし、子供ができ、5歳とか7歳とかと会話をしていると、論理的な会話なんてできるわけでなく単語と勢いの「お気持ち」だけしか会話の役に立っていないなと思うことがあります。

いや、振り返ってみると、自分が高校生くらいになるまでの、父親との会話も、そんなだった気がする。
勢いとお気持ちの会話だった気がする。
自分がある程度大きくなり、持っている情報量で会話のマウントを採ることができて、もしかしたら体力で制圧できるかもしれない、そんな立場を手に入れて、ロジカルの会話が成り立つようになったような気もする。

最近、特にそれを意識したのは、こんなことがあったことがきっかけです。


7歳の長女から、算数でわからないところがあると言われて教えに行くと、「(ア)〜(ク)の図形のうちのどれが正方形かを選ぶ問題が分からない」と言われた。

四角形で、全部の角が直角で、4つの辺の長さが同じだよというのは先週教えたのだが、まあ、それを再度伝え直す。一発で覚えられるわけはないだろうから、それ自体は仕方ない。

ただ、最終的には教える人の顔色を見ながら、(ア)かな? (イ)かな? (ウ)かな? と一つずつ聞いてくる状態になってしまった。
あ、これ、前に本で読んだな。7歳くらいだと、会話でも文章理解でも、そこから生じる「感情」「気持ち」で汲み取って回答を求めようとする。
言葉の一つ一つの意味を理解しようとか論理的に考えるようとかは思わない。

たしか、養老先生の本だったか、東ロボくんの新井先生の本だったか、ガイナックス初代社長の岡田さんのYouTube動画だったか……そこらへんで観た気がする。
というわけで、知識としてはこの状態を理解していたが、いざ目の前にしてみると、この状態でどう教えたらいいもんか、目の前は真っ白。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング