2020年10月19日

昨日見た夢。なぜかマンガ家になっていて、ネタ出しに苦しんでいるという夢

昨日見た夢ですが、どういうわけだか、自分の職業は「漫画家」でした。
ただ、次回作をどうしようか、自宅で寝っ転がりながらずっと悩んでいるという夢でした。

ふと、家族(現実の家族ではない誰か)から、「ダンキくん」(もしかしたら「ダル気くん」だったかも?)というのはどうだろう?というアイディアを出され、よし!それで行こう!と決めたというところが目が覚めました。

頭の中には、サボリ癖のある少年(見た目は「おそ松さん」のおそ松)が浮かんでいて、ダラダラしている日常から起こり始めるハプニングの話を書くつもりでいたようです。

もしかしたらマンガではなくて小説を書こうとしていたかもしれません。
まぁ、現実には自分は漫画家でもなければ小説家でもないので、どっちでもいいんですけどね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記