2020年10月26日

ラズパイに付けているHDDが壊れてしまったっぽい。久々にfsckが活躍しそう

先日、Raspberry PiにUSB接続しているHDD(3TB)から、1つのファイルが読めなくなっていることに気づきました。

その後、ちょっと調べてみると、他にも3つのファイルが読めないことが判明。
fsckコマンドを実行してみると、

202010_akanmodame.png

421のブロックがリードエラーを起こしていました。
幸いなことに、ファイルは全てのバックアップを取得しているので、失われたデータはありません。
バックアップを取得していなかったら、発狂していたかも。

とはいえ、1時間かけてちょうど1%のチェックが終わるスピードです。
このまま100%になるには、100時間かかることになり、その間、使えなくなってしまうのも問題。
ひとまずfcsckは停止し、新しいHDDを買ってくることにしようかな、と。

古いHDDは、あとでじっくり時間をかけて、fsck (badblocks) して、使える部分だけでも使えるようにして、一時的なデータ置き場にしておこうかな、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC