2020年11月28日

体を張って並んで、入手困難を入手したもの。近所のおもちゃ屋でゲームソフトが買いたくて。

以前、入手困難で入手したものという話題を取り上げたことがありました。

最近では、予約通販が多くなってきたことから、なかなか手に入らないものでも、物理的に並ぶなど、体を張って入手しなければならない機会は減りましたが、1992年の9月末ごろ、「ドラゴンクエスト5」の発売にあたり、近所のおもちゃ屋に朝早く並んで入手したことが、自分にとっての「体を張って入手したアツイ体験」となりました。

ちなみに、発売日の1992年9月27日は日曜日でしたので、中学生だった自分でも並ぶことができました。
これ以前のドラクエは、たぶん、発売日が平日だったと思いますので、子供が朝早く並んで入手するというのは、不適切でした。
(というか、平日に子供が朝早く並ぶことが社会問題となったため、わざわざ発売日に日曜日を設定したのだと思います)

それ以降、そこまでアツくなって並んで入手するようなことはなかったですね。
ほとんどのゲームソフトはコンビニで予約できるようになってしまいましたし。

そういえば、Windows 95が発売されたときには、秋葉原で大行列ができていたらしいですが、PCのOSを行列に並んで入手したい気持ちは、正直なところ、よく分からなかったです。

その後、朝早く並んで入手したものは、前にも書いたかもしれませんが、子供の幼稚園に入園するための書類の入手。
都内とかだと、待機児童問題じゃないですけど、この書類の入手ができないと、大変なことになるらしいですからね。

幸い、僕が並んだ幼稚園では、抽選が発生するほどの大人数が並んだわけではなかったようですが、それでも、書類の入手順で面接が行われるため、子供と妻の身体的負担を減らすための待ち時間を減らすためには重要でした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月27日

リモートワークで学んだこと。イヤホン・マイクの極(きょく)

リモートワーク生活で学べたことのうちの1つにイヤホンやマイクの種類があります。

マイクやイヤホンが別々に供給されている場合、差し込む部分の形状はこんな感じになっています。

202011_iyahon3.jpg

緑色の端子がイヤホン、ピンク色の端子がマイクですが、どちらも、黒い絶縁体で3つの部分に分かれています。

これに対して、iPhoneに付属のマイク&イヤホンのような、一体型の場合は、こうなっています。

202011_iyahon4.jpg

白い絶縁体により、4つの箇所に分けられています。

前者が3極、後者が4極と呼ばれており、実は差し込まれる側もどちらに対応しているかの区別があったりするので、さりげなく、けっこう重要な差だったりします。

さらに、4極には二種類が存在し、マイクを担当する箇所とアースを担当する箇所が逆になった版もあったりするとのこと。

リモート会議のためにイヤホン&マイクを購入する際は、ここを注意深く見てから購入しないと、痛い目に遭います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月26日

人間の関わらない電話の誤発信って、実はよく起きるものらしい


あとで聞いた話によると、我々の考える以上に誤発信が発生するのが当たり前らしいですね。
「こういう事例は過去には1〜2件/年程度だったのが」で示されている通りだそうで。

微弱なアナログ信号で表される数字3桁で、誤り訂正もない状態だと、そんなもんなんでしょうかね。同じ3桁同士の、110番と119番の誤報確率の違いも知りたいところ。

問題は「2020年4月〜10月までで9件も発生」と、発生頻度が上がっているということ。回線の劣化とか、そういうやつでしょうかね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記