2020年11月09日

ドラえもんのひみつ道具「糸なし糸電話」という名前を、今の子たちはどう捉えるんだろう

ドラえもんのひみつ道具で「糸なし糸電話」というものがありましたが、電話が「糸なし」であることが当たり前になったこの時代、子供たちはこの名前をどうとらえることになるんだろう?

当日は常識が変わってしまったモノはけっこうあって、少し前にラジオで話題になっているのを聞いたのですが、「ダイヤルまわして手を止めたー」という歌を、今の人たちはどうとらえるのかな?と。

ダイヤルを回すというのは、電話を掛けようとしているということで、手を止めたというのは、電話を掛けるのをやめたということ。
でも、おそらくこのニュアンスは伝わらないだろうなぁ、と。
昔の、百人一首に乗っているような歌には解説を付けないと意味が通じないような感じで。

ドラクエ2の「復活の呪文」の苦労を「写メればいいじゃん」で片付くと思っちゃったりとか。
(今でも「写メ」とも言わないそうですけどね。「メ」(=メール)が使われる時代でもないので)


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記