2020年11月11日

先日新たに購入したRaspberry Pi用HDDに省電力的に回転を止める機能がなかったので自力で

今日は11月11日で「電池の日」だそうです。
11を漢字で書いたときの「十一」が、プラスとマイナスに見えるからだそう。

そういうわけで、今日は、省電力的なことを考える記事を書こうかと思います。

24時間の常時稼働をしており、うまく動いております。
しかし、ハードディスク(USB-HDD)の回転音が気になるし、触るとほんのり暖かいのも気になる。

以前まで使っていたUSB-HDDは、30分アクセスしないと自動的にディスクの回転を止める省電力(スピンダウン)機能が付いていました。
今回はこの機能が付いていません。
というわけで、この機能を自力で実装してみたくなりました。

ちなみに、USB-HDDにアクセスしなくなったらこまめにスピンダウンすればよいかというとそんなわけでなく、スピンアップの回数が多ければ故障率が高くなる(寿命が縮む)ともいわれます。

ただし、我が家のようにクーラーが付いているわけでもない部屋で常時稼働をさせていると、HDD本体の温度の高さも気になってきます(室温を超えるような温度でいさせつづけるのもまた、故障率が上がる)。

というわけで、程よく…30分間くらいアクセスされない状態が続いていたらスピンダウンする(要は今まで通り)ようにしようかなと思います。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC