2020年11月13日

「改行コード変換Lite ver.2.02.09」更新のお知らせの詳細

改行コード変換Lite ver.2.02.09INASOFT Webサイトにて公開しました。

修正点は以下の通り。

  • 英語モードで動作させた場合に、置換前のコントロールコードを選ぶプルダウンメニューの項目名の右側が欠けてしまっていたので修正。また、単体機能のCopyrightの表示と説明文の充実。エラーメッセージを標準エラー出力に出すように修正。
  • settmst.exeのエラーメッセージの充実化。
  • 各サブプログラムを他ソフトウェアに同梱することを可能とする文言を追加。

これらの詳細について、述べていきたいと思います。

■英語モードで動作させた場合の云々

1つ目の英語モードで動作させた場合のプルダウンメニューの表示については、まぁ、そのままです。幅が足りなかったので、幅を増やしました。
202011_lcliteverup.png

これに気づいたのは、気軽に試せる英語版のテスト環境を入手した事がきっかけなのですが、それについては、11月16日(月)あたりに、このブログにて言及できるかと思います。

画像ファイルを編集しているとき、なんとなく、「ペイント」の画面をそのまま貼り付けた方が面白そうな気がしたので、あえてそのままスクリーンショットを取得して貼り付けました。

エラーメッセージを標準エラー出力に出すことにした件については、GUI中心にWindowsを使われている方には馴染みが薄いかもしれませんが、テキストで出力するエラーメッセージを、標準出力から標準エラー出力に変更しました。
C:\work>lclite exist_file readonly_file CR
readonly_file を開けません。(errno = 13 : Permission denied)                           
↑この場合、「readonly_fileを開けません…」の行が、標準エラー出力に出力されています。
(通常は、標準出力も標準エラー出力も、コンソールに設定されているため、見た目は変わりません。リダイレクトをした場合などに変わります)


■エラーメッセージの充実化

ファイルの日付時刻を変更するためのsettmst.exeについて、エラーが発生した場合にOSから通知されるエラー内容を何一つ表示していなかったため、表示するように変更しました。
C:\work>settmst.exe exist_file readonly_file
作成日時:2020/11/12 19:51:57.512
更新日時:2020/11/12 19:51:57.512
<対象ファイル名>で指定されたファイルを書込みモードで開けません。 - readonly_file 
アクセスが拒否されました。
↑この場合、最後の「アクセスが拒否されました。」が、OSから通知されたエラーメッセージです。これにより、なぜ「書込みモードで開けなかったのか」が判明しやすくなったかと思います。


■各サブプログラムを他ソフトウェアに同梱することを可能とする文言を追加

10月8日のブログで触れた件です。この度「改行コード変換Lite」本体が修正されるタイミングが来ましたので、付属のヘルプにもその旨を追記しました。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト