2020年11月17日

かけた覚えのない電話の経験…そういえば学生時代にそういう覚えがあったかも。NTTが調査?

少し前の話になりますが、頭に引っかかっていたニュースがありました。


住人の身に覚えがないのに住宅の固定電話から119番が誤発信され、消防隊が出動する事案が秋田市内で相次いでいること。
こういう事例は過去には1〜2件/年程度だったのが、2020年4月〜10月までで9件も発生するようになったこと。受信した際に相手側の応答がなく「ザー」「ガサガサ」という機械的な雑音が聞こえること。
家主が不在だったり就寝中だったり、時間帯やシチュエーションはまちまち。通信指令センターとしては、緊急ダイヤルであることから、何もしないわけにもいかず、ひとまず急行して困惑するとのこと。
また、過去にも青森で類似事例があり、八甲田山の無人・施錠された別荘の固定電話からの発信だったことなどが載せられています。

このニュースを見てすぐは、あまり気にしていなかったのですが、若手放送作家2人組の都市ボーイズさんのオカルトと絡めたトークを聞いて、なんだか気になってきました。というのも、過去に自分の身にも同じことが起きたので。

バイトを始めて間もない頃の話なので、僕が大学1年の頃の話です。1999年の夏ごろ?だったと思います。
バイト中に九州の方の電話番号(知らない固定電話の番号)から、僕が所有する携帯電話(シティフォン)に着信がありました。バイト中だったので、その場では出られず、後から折り返しかけ直しました。
(今は詐欺電話が多いため、折り返しかけ直すことなど滅多にありませんが、当時は普通にかけ直していました)

着信から10分後くらいに折り返したところ、男の子?と思われる声で応答がありました。

もしもし、こちらの電話から、先ほど私の電話に着信があったのですが、どのような要件でしょうか?
こちらから電話をかけた覚えはないです
家にいる他の人が電話を掛けたということはありませんか?
僕一人しかいません

とのことです。
当然、知らない相手。

それ以来、その電話番号から電話がかかってくることはありませんでしたが、不思議な体験でした。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記