2020年11月21日

山口さんちのツトムくんのママになにがあったのかが気になった

昔、NHKみんなのうたで放送されていた「山口さんちのツトム君(作詞・作曲:みなみらんぼう)という歌があります。単純な歌詞、耳に残るフレーズ、考察しがいのある内容から、多くの人の頭に残り、考察も行われている歌です。

自分も小さな子供を持つ身となりましたので、逆に親の視点に立って、「母親の身に何が起きたのか?」ということが気になりました。なにせ、歌の最後で、ママが田舎に帰っていたことが、ツトムくんがおかしくなっていた原因であると語られていますからね。この間、父親は一人でツトムくんの面倒を見ていたはずなわけで、父親としても見逃せない気付きが得られるはず!

ネット上を検索してみると、様々な考察が上がっています。三輪車に乗るような年齢の子供を置いて行っていることから、田舎で親戚の葬式に行った(葬式で小さい子供の面倒を見るのは大変。遠隔地なら泊まり込むのは当然)、あるいは、ママが帰ってきたときのイチゴという描写から、里帰り出産で妹を産んできたとか、それから、父親と不仲で別居したのではないかという考察まで、様々ありました。

で、Wikipediaの記事を見てみると、作詞家は、当初モデルはいないと述べつつも、自らの幼い頃の母親との死別が、無意識にあったのではないかと後に述懐していることから、現実にはツトムくんのママは帰ってこなかったのかもしれないと思うと、なんだか悲しい。

それと今回検索していて、新たな気付きを得られました。
小説を読んでいると、「信頼できない語り手」ということが考えられますからね。
とくに、ひぐらしのなく頃にのアニメを観ていると、それを踏まえないと、正しく考察できなくなる。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記