2015年12月29日

ドラクエ8は、ようやく終わった

Nintendo3DS版のドラゴンクエスト8ですが、先日、ようやく終わらせることができました。
image.jpeg

一時は年内クリアは難しいのではないかと危ぶんでいたのですが、なんとかクリアできました。

レベル49でラスボスに挑み、マダンデと叩き付けを連続で食らって全滅したのを受けて、今回はレベル65まで上げて挑んだわけですが、今度は逆に簡単になりすぎてしまいました。
(この後に引き続き竜神王戦に挑んだのですが、こちらもあっさりと倒してしまいました)

さて、PS2版をプレイしていなかったので、今回が初めてのプレイになったわけですが、一通り満足できました。
やはり、ドラクエはいいですね。

これで、ドラクエ3〜9は一通りクリアしたことになります。あとは、ドラクエ2だけ。
ドラクエ1と2は、発売された当時はまだ僕自身が幼かったこともあり、未プレイでした。
その後、SFC版のリメイクが出ましたけど、ドラクエ1の方をクリアしただけで、ドラクエ2は中途半端な状態でした。

ドラクエは1〜8まで一通りリメイクが行われ、ドラクエ9は始めから携帯型ゲーム機での発売がされたわけですが、ここら辺で今一度、ドラクエ1〜2の携帯型ゲーム機でのリメイクが行われないですかね。スマホ用のリメイク版はすでに発売されてはいますが、あくまでもゲーム機で出してもらいたいところです。なんとなく。

まぁ、上から視点のドット絵ゲームとしてのリメイクは今更感があるので、やるとしたら、ドラクエ8みたいにしないと、現代の世代には受け入れにくいですかね。
特に、ドラクエ1の「鍵」のシステムは、現代人には受け入れ難すぎるかもしれません。システムの根幹に関わる部分の調整をしないとダメでしょうね。
逆にドラクエ2は、色々そのままで良いような気がします。ロンダルキアへの洞窟は、かなり難関な洞窟として知られていますが、あれはあのままでないと、ドラクエ2としての味が出ないような気がしますし。



(以後、ネタバレあり)

ドラクエ8の3DS版では、追加エンディングが2種類存在します。
いわゆるゼシカとの2人旅エンディングと、ゼシカとの結婚エンディングです。

ただ、あれだけ少量の追加イベントごときで、ゼシカと2人旅したいとか結婚したいとかいえるほど感情移入できたかどうかというと、そんな感じはしなかったかなぁと思います。

ストーリー的に、ちょっと飛んでいたかな、と。
ドラクエ5での、フローラとの結婚にも言えることかも知れないけど。ビアンカと愛情を比較できるだけの物語量が、そもそも足りていない。


まぁ、主人公的には、むしろ、イベントが終わる度に宿屋で泊まると夢の中に出てくる馬姫様に心底飽き飽きしていたとか、別の事情があって、別の女性に乗り換えたくなったとかの事情があったのかも知れません。幼なじみが重く感じてきたか。

あるいは、クラビウス王としても、息子と馬姫様との結婚に、あんな形でイチャモンを付けられて潰された以上、主人公(甥っ子)の結婚という形でもう一つ大きなイベントを起こしてでもやらないと(良い意味でも悪い意味でも)格好が付かなかったってのもあるかもしれないですね。


一方、薄い本の業界に目を向けてみると、ゼシカは(ビジュアル的な面から)それはそれで人気があるようですので、ある程度ファンからの声に応えた形なのかもしれませんね。しかしそれでも、結婚ってのは重いよなぁ。


posted by ayacy at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170811204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック