2016年01月13日

iPhone5sのバッテリーがとてもヤバい

docomoでiPhone5sの取り扱いを開始し始めたときから使っているiPhone5sですが、バッテリーの性能が著しく落ちているみたいです。
バッテリー残量50%なのに、突然電源が落ちて、充電が必要な状態となってしまう。
で、コンセントに繋ぐと、残53%くらいから充電が開始される。
半日に1回程度の頻度で充電しないとマズイ。

去年の冬くらいには、バッテリー残量40%程度で突然電源が落ちることがあったのですが、ちょっとだけグレードアップ(ダウン?)した感じ。

夏になって、バッテリーの劣化が軽減されたような気がしてきたので、去年は特に対処しなかったのですが、冬になって再発するとはなぁ。

まぁ、バッテリーという物自体、周囲の気温が低いと、こういった劣化したかのような状況がよく生じるとのことなのですがね。

というわけで作戦。

  1. アップルストアにバッテリーの修理(交換?)を依頼する。
  2. 2月頃に発売が予定されていると憶測されている、iPhone6cを買ってみる。
  3. いっそのこと、iPhone6sを買っておく。
  4. iPhone7登場まで待つ。

実は、買い換えを渋っている理由として、先日iPhone5s用のソフトケースを買ったばかりという事情もありますね。もうちょっと使ってからでないと、もったいないような気がするし、そう思っているうちに暖かい時期がやってきそう。(春になれば、バッテリー劣化が少し軽減されるので)


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171674908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック