2016年03月26日

たぶん、ご利用上の注意を読んでもらえていないんだろうなぁ…というフィードバック

先日、Twitterの方でも書いたのですが、「フィードバック」にて、おそらく「ご利用上の注意」を読んで頂けていないんだろうなぁという投稿がありました。しかも、「使いづらくなったので、あなたのソフトをアンインストールしました」という趣旨のことも書いてありまして。

残念ながら返信先の記載がなく、アドバイスを返信することもできない状況。
ちょっと悲しいですね。

仕方ないので、ブログの方に書いておこうかと思いました。


「コピペテキスト修飾除去」は、クリップボードへのコピーを感知して、瞬間的に内部的にペースト&コピーを行います。
このため、Excelが内部状態として持つコピーや切り取り(選択セルが点線で囲まれている状態)が、瞬間的に解除される現象が起こります。

回避するには、「クリップボードの変更を監視しない」をONにしておきます。

ただし、この状態だと、本ソフトのメインの機能である、修飾除去もできなくなりますので、次のような運用が必要になります。

  • Excelを使うときだけ、「クリップボードの変更を監視しない」をONにし、Excelを終了したらOFFにする。
  • 「クリップボードの変更を監視しない」をONにしっぱなしにし、修飾除去機能を使いたいときは通知領域のアイコンをクリックする。

なお、修飾除去機能を働かせるには、通知領域のアイコンをクリックする方法の他、

  • 設定にて、ショートカットキーの割り当て機能を利用する。
  • 「DelAttr.exe /R」を実行するショートカットを作成し、ショートカットキーを割り当てておく。
  • 設定にて、「クリップボード内のテキスト属性を除去する機能を実行するボタンを画面上に配置する」をONにし、画面上にボタンを表示させる。

等の方法もありますので、ご活用下さい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174609578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック