2016年04月06日

18年前の思い出とトラブルメーカーといじくるつくーると…。

先日、ふと思い出しまして。

PCのトラブル対応を巡る面白い体験談を書いたサイトがあったよなぁと思って探していました。
(後から分かりましたが、絶対サポセン黙示録でした。まぁ、今日はそれが本題ではないので、この話はここまで)

トラブルとか、トラブルメーカーとか入れて検索しているうちに、かつてエニックス(現在のスクウェア・エニックス)が発売した「ゆけゆけ!! トラブルメーカーズ」(N64)というゲームがあったことを思い出しました。

うちにはNINTENDO64がなかったので、このゲームで遊んだことはないのですが、このゲームの主題歌(実際にはCMソングだったらしいです)に使われていた歌が、OPテーマになっていたラジオ番組があったよなぁ・・・と思い出しました。

前にも何度か書いたことがあるかもしれませんが、1997年から1999年1月(センター試験の直前)まで、土曜日深夜〜日曜日未明にかけての、文化放送のラジオ番組を聴くのが習慣となっていました。たぶん、当時を知っている人なら分かると思いますが、「ドリカン」から「プリクラ」までの時間帯です。

18年前のソフトウェア開発は、その後の大学生活中の活動よりもひっそりしていました。
というのも、当時はインターネットが開通しておらず、パソコン通信でソフトウェア配布をしているだけでしたので。ユーザーからの声が届くことはほとんどありませんでしたし。

ただ、上に「センター試験の直前」と書いたのは、大学入試センター試験というのは土曜日と日曜日に実施されるものでありますから、土曜日深夜〜日曜日未明のラジオをリアルタイムで効くことはできません。ちょうど良い機会かと思い、センター試験と同時に、ラジオ視聴をやめてしまいました。
その後、土曜日深夜は、フリーソフト開発・プログラミングのための重要な時間に位置付けられたため、深夜にラジオを聞くという習慣は完全に抹消されましたね。



Rnsfの開発がBorland C++BuilderからVisual C++に移行し、活発化し始めたのもその頃かなと思い、そういえば、いじくるつくーるの開発前は、土日の使い方もぜんぜん違ったよな…なんて思い出に浸ったことが原因かどうかはわかりませんが、いじくるつくーるの開発休止ってことになりました。

どこかで書いたことがあるかもしれませんが、いじくるつくーる(というか、Rnsfシリーズ)の原点は3つの別々のプログラムでして、

  • Windows付属ゲームのスコア編集
  • 特殊フォルダの変更
  • 環境情報の表示(CCPU)

です。
こう見てみますと、Windows付属ゲームのスコア編集は、比較的最近のバージョンのWindowsには対応できていませんし、特殊フォルダの変更も挙動が怪しいところがありますし、CCPU も最近のCPUID命令の動向をウォッチできていません。

なんかこう、原点からしてボロボロになってしまっていて、Windows 8.1/10への対応がどうとか言っている場合ではなかったんですね。足下がボロボロだったんです。

今後は、足下がどうとか言わなくても済むような、コンパクトなソフトの開発の方に注力していきます。
(詳細は「いじくるつくーるの開発休止」の記事の方を参照で)

今後ともよろしくお願いします。


posted by ayacy at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック