2016年04月18日

「いじくるLite ver.0.90β」公開について

昨日付で「いじくるLite ver.0.90β」というツールを公開しています。
ちなみに名称は仮称です。

rnsflite_ss.png

動作させるためには、.NET Framework 4.0 が必要です。

どういうツールかというと、機能が多くなりすぎて身動きの取れなくなったいじくるつくーるから、最終的に作者が使っていた機能を抽出して、軽量版としてまとめたツールです。

抽出した機能(最終的に作者が使っていた機能)は、次の機能です。

  (1)起動時に毎回実行(全ユーザー)
  (2)1度だけ起動時に実行(全ユーザー)
  (3)ログオン時に毎回実行(個人用設定)
  (4)1度だけログオン時に実行(個人用設定)
  (5)任意のフォルダ[ローカルとネットワークパス]でコマンドプロンプトを開く(権限維持タイプと管理者昇格タイプの2種類)
  (6)CHMファイルの取扱いを許可する範囲を広げる
  (7)Windowsのシャットダウン/再起動/ログオフ/強制再起動(各々、即実行タイプとショートカット作成タイプ)
  
なお、(1)〜(4)については、「いじくるつくーる」と異なり、Unicodeの範囲の文字が書き込めるようになっています。
(これまでは Shift-JISの範囲の文字しか書き込めなかった)



このツールの立ち位置は、フリーソフト公開の初心に返り、次のようなスタンスで公開しています。

  • 作者が個人的に作成し使用しているツールの公開であること。作者の利用が主目的であり、公開は二の次。作者の必要とする機能のみが搭載される。
  • ユーザーからの依頼や要望を受けて、どんどん機能を追加していくタイプの開発形態ではない。

サブタイトルは「いじくるLite」(正式名称は RnsfLite)としていますが、ここらへんは過去の「いじくるつくーる」等のRnsfシリーズとは一線を画していると考えています。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック