2016年10月05日

主要ページのUTF-8化をやってみた

当サイト内の主要ページについて、文字コードをShift-JIS(SJIS)からUTF-8に変更しています。

すでに、動的に生成しているページについて、内部データの表現形式としてはUTF-8で扱っているのですが、それを表示(HTMLに出力)するにあたって、無駄にShift-JIS変換をしていたりします。そこら辺の最適化が目的です。

index, ダウンロードページ, Web版ヘルプページ, 更新履歴, 更新履歴のRSS等々をUTF-8化しています。
うまく表示されないページなどありましたら、お知らせ下さい。

特にWeb版ヘルプはページ数が多く、動的生成部分も多いため、管理人の目で確認し切れていないところもあるので。
(コメントの一部は、ちょっと化けちゃっているものもありますが、ご愛敬)

ところで、index等のWWWC向けの配信情報については、SJISのままにしてあります。これは、WWWCがSJISにしか対応しないためです。そのため、全体がUTF-8にもかかわらずその部分だけがSJISで表現されているため、WWWCメタタグ部分だけ文字化けしているように見えます。
vsrc_icountt.png

いちおう、ダブルコーテーションで区切られているとは言え、UTF-8のマルチバイト的に周囲に悪影響を与えてしまわないかが、ちょっと心配。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177103220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック