2016年11月13日

このオモチャを見たときに思ったこと(2回目)

子供がお風呂に入ったときに遊ぶためのオモチャがあります。

IMG_1427.JPG

上から水を注ぐと、下にあるアンパンマンの顔が回転します。

初めてこのオモチャを見たとき、子供が(物理的な)仕事を学ぶための良い教材になりそうだな、と思った・・・というのを、このブログか、Twitterかなんかでつぶやいたかと思います。

いわゆる水車の構造です。水が持つ位置エネルギーが、水車を動かす運動エネルギーになって。
つまり、重力で引っ張られた水が、電磁気力の力で水車を回し、回転運動のエネルギーになります。
回転運動のエネルギーを使って、たぶん、昔の人は臼を引いたり、…ちょっとそれ以外すぐには思い出せませんが、まぁ、(物理的な)の仕事をさせるために使っていたわけですね。その学習に、このオモチャは役立ちそうです。

余談ですが、今回、重力が出てきましたけど、第5の力かもしれない(言い過ぎ)、ダークエネルギー(宇宙膨張をさせる未知の力。空間を膨張させるんだか、遠く離れた物質と物質を、さらに遠ざけようとする力)を使って水車を回すことはできないでしょうかね。

2つ先くらいにある超銀河団にある何かと、地球上の水車を紐で繋いで、ダークエネルギーで引っ張らせる
まぁ、数億光年規模の長さの紐をどうやって準備するんだって話と、数億光年先まで飛んで行くにはどうしたらよいか?って話が出てきますけど、それは未来の科学力に任せるとして。



思いっきり話が逸れましたが、今日また、このオモチャを見ました。

IMG_1427.JPG
(再掲)

そうしたら今度は、バイキンマンとドキンちゃんが、アンパンマンを貼り付けにしてグルグル回している、拷問のようなシーンが思い浮かびまして。
いわゆる、ルーレットマン(「志村けんのだいじょうぶだぁ」に出ていたアレです。・・・って、最近の若い人は知らないよな)のような、アレです。
あんな感じにアンパンマンをグルグル回すことで、拷問をするバイキンマンとドキンちゃん。

スパイ映画や、オトナのビデオ・・・のことは置いておくとして、拷問にも様々な種類があったり、様々な歴史があったりします。
それらを学習することもまた、過去の歴史を学ぶ上で重要なことであると言えます。

いやぁ、実に学習に役立つオモチャだなぁと思いましたね。


posted by ayacy at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック