2016年11月30日

AQUAPLUSと長瀬一族

昨日からAQUAPLUS作品を始めたわけですが、そういえばAQUAPLUS作品には代々、長瀬という姓を持つ人物が登場することが習わしとなっていた時代があったのを、ふと思い出しました。
ブランド名のLeafを書いた方が良いのかもしれませんが。

雫(しずく)では、主人公と、その主人公に事件調査を依頼する叔父。
痕(きずあと)では、一連の怪事件を追う刑事。
To Heartでは、執事とロボット製作者、だったか。
WHITE ALBUMでは、喫茶店のマスター。
まじかる☆アンティークでは、骨董に目利きのあるおじいさんだけど実は……みたいな立ち位置だったっけか。
美術館の館長として登場していたこともあったかな。あれはルーツだったか。

To Heart2でも、説明書では違う名前で載っているけど、実は長瀬だったということで、攻略可能なヒロインの一人として、登場していたんだったっけか。

そんな長瀬一族ですが、出てこないこともあって、例えば今プレイしている「うたわれるもの」シリーズでは見かけないですね。
時代設定が大きく異なりすぎているからかもしれません。いや、名前は明示されていないけど、実は…というパターンなのかもしれないですが。

まだ2作目をプレイしている最中ですが、3作目の最後で突然出てきてビックリってパターンかもしれませんけど。まだ、そこはわかりませんけどね。




【追記】「うたわれるもの」のゲンジマルは、長瀬一族に関連しているのではないか(長瀬姓の登場人物に、源一郎や源二郎などの名前が多いため)という説を見かけました。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177866228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック