2017年03月12日

雨が降ると花粉症は和らぐ?和らがない?

昔であれば、花粉は地面に落ちた段階で土に吸収され、それ以上は飛び立たなかったところ、アスファルトやコンクリートで固められた地面では花粉が吸収されず、再び風で飛び立つことで、花粉症の症状が多く出るようになる、という話を聞いたことがありました。

そこに雨が降ると花粉は下水に流れて行くため、花粉症の症状が一時的とはいえ和らぐ、とも聞きました。

ただ、花粉はそんなことでは下水に流れて行くことはなく、むしろ水分で固まるため、人間の目や鼻に入った時の症状が激化するとの話も聞きました。

どっちが本当でしょうね。
雨が降った時にどちらに期待?恐怖すべきか。


それにしても、ここ数日の花粉の凄まじさは、なんなんだかね。
しかも、鼻よりは目にくる。目が痒すぎる。
目を取り出して、ゴシゴシ洗えるもんなら洗いたい。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179056396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック