2017年03月17日

東京オリンピックまでにはWindows 7から乗り換えなければならない

先日、Office 2007の延長サポートが2017年10月10日で終了という話題を書いたのですが、もっと直近の話を言えば、Windows Vistaの延長サポートは2017年4月11日までです。

まぁ、Vistaは、どちらかというと嫌われ者のOSという感覚なので、好んで使っている人は少ない・・・という印象ですが、好む好まざるに関わらず、PC購入時のOSがVistaであればVistaを使っているという方も多いでしょうからね。

東京オリンピックの前には、延長サポートが切れていることになります。

Windows 7は、Windows Vistaに比べれば人気者のOSという印象です。企業で使用するPCでも、Windows XPからWindows 7へ直接乗り換えたというパターンもあるでしょうし、多少の混乱は生じるかも知れません。

Windows XPの延長サポート終了の際は、個人利用者はともかく、企業利用者や一部報道番組が、マイクロソフトに配慮を求めたり、「社会的責任」を責め立てるという、勘違いも甚だしい現象が発生したのを覚えています。

ただ、こちらもまだまだ記憶に新しいですが、Windows 7からWindows 10への乗り換え向けてのマイクロソフト社の意気込みは凄まじいものがあったと記憶しています。なにせ、無料でアップデートできたのですから。
逆にアップデートが強制すぎて、批判すらあったくらいに凄まじかった。

逆に、今度こそ、延長サポート終了に際して配慮がどうとか、社会的責任がどうのこうのと言い出す輩はいなくなると信じたいですね。
まぁ、一定数は居るんでしょうけどね。
そんな状況を見越してか、3年前である今から競輪を鳴らしている企業もいるくらいですからね。さすがに3年も前から分かっていることであれば、対処しておきたいものですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179059365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック