2017年04月04日

関連ワードの「激怒」とは・・・?

少し前に家族から、「INASOFTを検索しようとすると、関連ワードで『激怒』って出てくるね」と言われたことがあります。
Yahoo!で検索をしようとすると、確かに出てきますね。

inasoft_gekido.jpg

おそらく、2012年に発生していた、トレンドマイクロ社のウイルスバスターによる連続誤検知問題/冤罪被害者救済拒絶問題に起因して、ネットニュース記事にそんなようなことを書かれていたのが原因になっているのだろうと思います。

今は2017年ですが、2012年のことが今でも影響を及ぼしていると思うと、なんだか不思議な感じがします。

現在では、サイト上の活動は低下の一途を辿っていますし、PC普及率の低下に伴ってWindows用フリーソフトの需要も縮みつつありますし、INASOFTが激怒だろうとそれに関連した元ネタがあろうと、評判が落ちるとか不利益を被るとかいうことは無いから、いいんですけどね。

もしこれが冤罪的なものだったり、あるいは実際のことでも著しく名誉を傷つけられるものであったり、評判が落ちるモノであったり…ということを考えると、インターネットや検索エンジンの登場により、人々の「忘れられる権利」が、大幅に制限されている時代が来ている現実を突きつけられます。

忘れられる権利を求めて、検索エンジン会社を提訴する人がいるのも、無理はないかも知れない。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179239830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック