2017年04月17日

入社14年目って、なって見ると、思ったよりも大人ではないみたい

毎年4月を迎えて、会社に入ってからの年数が更新されると、「入社当時に○年目の先輩って、どのように自分の目に映っていただろう」と思いを馳せることがあります。

1年目の時に考えていた3年目の先輩への見え方。
1年目の時に考えていた5年目の先輩への見え方。
1年目の時に考えていた10年目の先輩への見え方。
 :
 :
 :

振り返ってみると、僕は2003年4月から社会人をやっているので、今年で15年目(14年経過)になります。
小学校の年数(6年)+中学校の年数(3年)+高校の年数(3年)=12年 ですから、自分は小中高合わせた年数よりも長く、会社人生を送っているんだなぁと思うと、なんだか愕然とするものがあります。

入社1年目の時に、15年目の先輩がどのように見えていたか…たぶん、中途半端な年数なので、あまり想像していなかったと思います。
ただ、もうすっかりオッサンになっていて、子供の考えなど捨てていて・・・という漠然とした想像はあったかもしれません。

でも実際には、見た目はオッサンであり、腹が出てオッサン体型なのは間違いないですが、脳内はガキそのままかもしれません。クソガキです。いや、妙なところだけ老害になって、でも考えは幼稚、みたいな。家に帰れば3DSとVitaとNintendo Switchが置いてありますし。

少年の心を忘れていないと言えば、聞こえ方はかっこいいですが、昭和60年代の少年の心というのは、ある種の老害思考なのかもしれませんから、そんな少年の心はとっとと捨てないといけないかもしれません。



話は変わりますが、入社5年目くらいのころ、「いじくるつくーる」のユーザーさんから突然「少し早いかもしれませんが、大学ご卒業おめでとうございます」みたいな趣旨のメールを頂いたことがありました。

実際には当時にしても、4年以上前に大学を卒業して就職していましたから、なんで今さらそんなメールが来るのか…不思議でした。

当時の「いじくるつくーる」のドキュメントには、「このソフトウェアは卒業制作である」といったようなことが書かれていましたので、(登場して何年目のソフトウェアなのかを見ずに)卒業制作のソフトがバージョンアップしたのならば、卒業おめでとうと言っておかねば!と思ったのかも知れません。

あるいは、ドキュメントやブログに書いている文章が、あまりにもガキっぽかったのかもしれません。
そこらへんを大人にするのは、いまだにできていないかも知れません。難しい日本語を書くのは難しいです。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179449643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック