2017年06月30日

Firefox 54とMS-IME間の不具合?ImmGetDefaultIMEWnd APIの動作がおかしくなるっぽい。

先日の「FirefoxとNumLockLockの間に不具合があると言われたけど不具合という言葉だけでは何が起きているか分からない」と言っていた件、追加情報を頂きまして、どうやらFirefox 54とMS-IMEの間の不具合ということのようでした。

具体的には、次のような状態で状況が発生します。
(いくつかは余分な条件かもしれませんが、とりあえず発生した条件と結果を列挙)

  • Windows 10 64bit
  • Firefoxのversion 54を利用する。
  • MS-IMEを利用する。
  • Firefoxを起動し、Firefoxをフォアグラウンドウィンドウにし、入力ボックスにフォーカスを合わせ、フォアグラウンドウィンドウに対してImmGetDefaultIMEWnd() APIを実行。
  • 帰ってきたハンドルに対してWM_IME_CONTROL, 5 を送信。→現在のIME状態とは異なる値が返ってくる。
  • 帰ってきたハンドルに対してWM_IME_CONTROL,6,TRUEを送信。→何も起きない。(本来はIMEがONになる)

ちなみにFirefoxがversion 53だったり、IMEとしてATOKを使っている場合は、上記の状況は発生しないようです。

NumLockLockではIMEの状態取得や制御にImmGetDefaultIMEWndWM_IME_CONTROLを用いていますので、上記の環境ではIME状態を取得したり制御したりできない不具合が発生します。

Firefox 54ではIME関連の仕様変更が入ったとの情報もあり、それに関連して発生したFirefox側の不具合ということかもしれません。今後の状況を注視したいと思います。


【追記 2017/11/2】Firefox ver.56では、この問題が発生しなくなっていることを確認しました。Firefox側で不具合修正が行われたのかも知れません。

posted by ayacy at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180199442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック