2017年07月29日

ドラクエ11買いました。37歳になってもワクワクするもんだよな。でも十字キーの右が…

ドラゴンクエストXIを買いました。
3DS版の方です。

正確には、事前ダウンロードを行っていたので、購入はだいぶ前に済んでいて、発売日の午前0時を待っていた状態でした。
dq11_c_IMG_3266.JPG
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

早期購入特典が得られるということで、ダウンロード番号を入力し、ゲット。
dq11_a_IMG_3267.JPG
dq11_b_IMG_3268.JPG
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

チュートリアル的な段階では、これらの防具の方が防御力が高いため、ほんのわずかの間は得をします。



発売日は土曜日であり、「よきパパ」の立場の自分は昼間プレイできないため、夜を待ってからプレイする予定でした。
そこに、休日出勤の要請が!

休日出勤ということは、出勤中の電車の中でプレイできる!
イヤッホーイ! 休日出勤バンザイ! ブラックバンザイ! 社畜バンザイ!

dq11_d_IMG_3273.JPG
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

少しプレイしましたが、このワクワク感は何歳になっても変わりませんね。

小学生の頃は、まさか、大人になってまでゲームをプレイしているとは思いもしませんでした。ましてや社会人になった後も、結婚後も、子供ができた後もゲームをプレイしているとか、ね。

現実にはこうして、ゲーム機の進化により、場所を選ばなくなったことでプレイしやすくなったと言えましょう。
3DS版での発売は非常にうれしいことです。

できれば、持ち歩き可能なNintendo Switchでの同時発売を望んでいましたが…まぁそこは仕方がないですね。

プレイ画面は上のような感じで、3D画面と2D画面の2つがあります。
ストーリーの始めの方は、両方を瞬時に切り替えることができます。もう少し進めると、切り替えは特定のタイミングでしかできなくなるんだとか。

自分としては、懐かさ溢れる2D画面も良いですが、つい先日まで「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をプレイしていたこともあり、僕は3D画面の方が馴染みが良いです。そのため、3D画面でプレイしたいと思います。
(立体視には非対応)

ちなみに、3D画面での操作時はスライドパッドを使い、2D画面での操作時は十字キーを使うのですが、ちょっと違和感が。
十字キーの右側だけ、反応が鈍いのです。

試しにドラクエ11を一時停止し、他のゲームで押してみたところ、他のゲームでも右キーが鈍い。

最近はスライドパッドを使うゲームが多いため、気づいていなかったのですが、僕の3DSには十字キーの不具合があったみたいですね。
購入からもう6年が経過しますし、さすがにそろそろ寿命なのかも知れません。
というか、一回バッテリーが死んでしまい、有料修理をしてもらったことがあったのです。
さすがにそろそろ、この3DSも買い換え時だったのかも知れません。

とりあえず今回のドラクエはスライドパッドを使うため支障はなさそうですが、次にプレイしたい3DSのゲームが登場したら、さすがに買い換えようかと思います。
狙っているのは、「New 2DS LL」ですかね。オレンジ色っぽいヤツ。


【追記】
画像投稿に関するガイドラインに沿うよう、画像に著作権表記を追記
・一日経ちまして。最近はiPhone6sやiPhone6plus、Nintendo Switchの画面の大きさに慣れたせいか、3DSの画面の大きさにも不満を感じるようになってきた。 ドラクエXIを存分に楽しむためにも、今こそ、ドラクエXIのために、New 2DSLLを早めに買う決断をすべきか…。と思い直し中。入手は可能だろうか。

posted by ayacy at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180484911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック