2017年08月07日

プリキュアって何だろう

最近、テレ朝のアニメ番組「プリキュア」は、小学生向けというよりは幼稚園生向けになっているそうで、対象が低年齢化しているとのこと。
というわけで、うちは思いっきりプリキュア世代なんですね。

僕も、初代と、Yes!プリキュア5 は観ていましたけどね。
当時は小学生でも幼稚園生でもありませんでしたけどね。
どうでもいいですけどね。

改めて「プリキュア」って何だろうな?と思うわけです。
劇中の人は何だと思っているのか。

劇中では「プリキュアになっちゃった」と、プリキュアという概念がほぼ一般の人?妖精さんの中?には知れ渡っているようなシチュエーションで話が展開していますけど、我々にとってはそんなに「プリキュア」という概念は当たり前では無いわけで、そうなると「プリキュアって何だろう?」と思うわけです。

劇中でそれが何なのか、シリーズを通して解説されることは、ほとんど無いはず。

最近のシリーズでは、プリキュアとは「伝説のパティシエ」であると解説されていました。
ビックリだよ。

初代の時は、自分たちのことを「光の使者」だと語っていたと記憶しています。
ああ、なんだかそっちの方がシックリ来るかも。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180485317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック