2017年08月26日

24時間テレビが、24時間ぴったりの放送ではないことを、けっこう最近知りました

(昨夜公開できていなかったので、日付を遡って公開)

24時間テレビが、24時間ぴったりの放送ではないことを、けっこう最近知りました。
観ていないので…。

今年は、恒例の100kmマラソンランナーの発表を引き延ばしにしすぎているということで、だいぶ批判を浴びているとか。
そもそもムリヤリ視聴者を感動させるための、なんだか変な感じのする演出で、なんだかシックリ来ないんですけどね。

まぁ、ぐるナイのゴチの新メンバー発表の演出みたいに、引き延ばして引き延ばして、1時間後に告げることを発表して、1時間経ったら今度はCM開けに告げることを発表して、ドラルロール鳴らして…みたいなことを繰り返せば、視聴率が上がって、(批判も大量にあろうが)話題性になるという経験則がスタッフにあるんでしょうけどね。
実際、2chとか、SNSとか、特にTwitterとかで、視聴者がリアルタイムに話題にしていて(荒れている)様がスタッフにとってもリアルタイムで分かるから、やっちゃうんでしょうけどね。
どうも頼りすぎな感じがして嫌ですね。なんだか、良くないことだと思います。

今回は、発表後に、どうしてそんな演出にしたのか、トレーナー側に事情があることが放送されていました。
ランナーになったブルゾンちえみさんには、純粋に頑張って頂きたいと思います。実際、ここ最近の彼女の知名度の上昇というか、アゲアゲ度というか、ドラマ等多方面への進出であるとか、やる気の見せ方とか考えれば、彼女に決まったことは妥当だと思います。純粋に頑張って欲しい。

その分、テレビ局のスタッフの側が、すごく落ちているように見える。
いっそのこと、ぐるナイみたいに、最後まで覆面被ってランナーは知らせて、ゴールの100m手前で「実はこの人でした」と披露すれば、もっと視聴率が上がるんじゃないですかね。
って、10年後くらいには演出過剰の末に、本当にこんなことをやりかねないですね。

それはそうと、ぜんそくの扱いが酷い。
自分の小児ぜんそく持ちだったんだけど、ぜんそくを無理してそれでも前に進んだことを絶賛するはマズい。
全国の、ぜんそくを持つ子の親や先生に、間違ったメッセージを発信してしまわないか、心配。
番組スタッフは、ぜんそくがどんなものか知らないんでしょうね。
あるいは知っているけど、視聴率の、あるいは金儲けのネタになるならと、無理してやってんのか。


【テレビの最新記事】
【紹介する】
 
posted by ayacy at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180791189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック