2017年09月02日

夏休み明け2日目

昨日は多くの学校で、夏休み明けだったかと思います。
今日は夏休み明け2日目ということで・・・いきなり土曜日でお休みなわけですが、夏休みの延長戦みたいな感じですかね。
宿題の提出が昨日だったのでなければ、宿題の期限も延長されたことになりますかね。

自分にとって、「夏休み明け」の感覚は、4コマ漫画「あずまんが大王」の1シーン

 『今日は登校日なんだ、登校日なんだ、登校日なんだ・・・

の気分に尽きますね。特に小学生の頃までは、そうでした。

小学生の時、自分は、夏休みの宿題を、「夏休み開始前」に終わらせてしまう習慣があったので、夏休み終了時の地獄っぷりといったら、もう、最悪ですよ。ホント。マジで。

ちなみに、「夏休みの宿題」というのは、「夏休みという長期の訓練中断」により、勉強能力を落とさないために実施されるものなので、夏休み開始時でも終了時でも、一気に終わらせるのは正しいやり方ではありません。1日少しずつ進めるのが正解です。・・・と、それに気づいたのは、大学生の時にバイトで塾の講師をやっているときでしたけどね。


さて、中学に入ると、塾の夏期講習で、当然のように夏休み中も勉強が続いていましたから、9月1日だからといって特別、勉強がツライとかいうことはありませんでした。
高校に入ると、夏休み中は部活(パソコン部)三昧で高校に入り浸っていましたし、9月に入ってすぐに文化祭があるので、そちらの準備で忙しくなりましたし。

思えば、9月に入ってすぐに文化祭が実施されているのは、夏休み気分を一気に吹き飛ばす効果があったのかも知れませんね。
僕は文化祭・・・「いなほ祭」という、比較的大規模な文化祭だったんですけど、それが楽しくて楽しくて仕方なかったので、夏休み気分は吹っ飛びました。

(文化祭が嫌いな人には、一気に地獄にたたき落とされる気分だったのかも知れませんけどね)

大学に入ってからは、、、どうだったっけな。
自分が塾講師のバイトをしていたこともあって、どちらかというと他人を律する立場だったかな。
あるいは、大学という場所は、学生よりも、むしろ講師の方がスロースタートな人もいて、長期の休みの翌日は休講になってしまう講義もあったような気がする。
そういう意味で、夏休み明けは気楽だった気もします。

社会人に入ってからは、夏休みの日数が急激に減ってしまいました。
夏休みに対するいとおしさは、小学生の時の気分に戻った気がします。夏休み明けに文化祭はないですからね。
むしろ、夏休み中にコミケがあり、コミケの終了と共に会社が始まるので、天国から地獄に一気に突き落とされる気分。

今、長期の夏休みが手に入ったら、積んでいるゲームとか終わらせたい。
公開しているフリーソフトのうち、タスクトレイに常駐するタイプのソフトを全部統合する夢を果たしたい。
Raspberry Piに音声認識させて、電灯とエアコンを声でON/OFFできるようにしたい。

というか、考えてみると、長期の休みが手に入ったとしても、子どもの面倒を見るだけで終わりそうな気もしますね。
そこら辺もひっくるめて、長期の休みが手には入ったら・・・。

まぁいいや。
そういえば今日は、出身高校の文化祭の日らしいので、子どもを連れて遊びに行きたいですね。
2歳児がママ抜きで出かけることに納得してくれるかはわかりませんが・・・。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180845141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック