2017年09月05日

Raspberry Pi3 model B用のACアダプタのアンペア数が

Raspberry Pi3 model Bには、2.5AのACアダプタを使用する必要があります。

うちには現在、3台のRaspberry Piがあり、本格利用している2台については、専用を名乗っている5.1V/2.5AのACアダプタを用いているのですが、実験用の1台については、まぁちょっと少ないくらいでも良いかと思い、iPad2(すでに破棄済み)のACアダプタを使っていました。

このiPad2のACアダプタについて、どういうわけだか、僕は「2.4Aである」と思い込んでいました。
0.1Aくらい足りないだけなら、なんとかなるかな、と。

ただ先日、赤外線カメラとかUSBマイクとかのテストをしていたとき、かなり頻繁に電力不足のマークが表示されていたので、アレ?と思いACアダプタの表記を見てみたら、2.1Aと書いてありました

IMG_3711.JPG

なんで勘違いしていたんだろう? 0.4Aも足りない。
ネット上に、そういう情報が上がっていて鵜呑みにしてしまったのかも知れません。
あるいは最新の、iPadのProと名の付くやつは、別のACアダプタなのかも知れません。

とりあえず、今後も実験を色々行うときに、電力不足で実験が失敗するのはマズいので、きちんとしたACアダプタを買った方が良さそうです。

posted by ayacy at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180892609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック