2017年10月12日

Raspberry Piを破棄するときの家電リサイクル法の扱いは?

最近、テスト機とか、メディアサーバとか、ホームカメラ等の目的で、我が家でどんどん、Raspberry Piが増殖して行っています。


今のところ、平穏に動作しているので問題ないのですが、いざ壊れたときとか、不要になったときとかにどうやって破棄をするのが適切か…将来的に困りそうな気がしてきました。

もちろん、「燃えるゴミ」ではないだろうし、缶やペットボトルではないのだろうけど、単に「燃えないゴミ」の扱いで良いのか。
資源有効利用促進法とか、小型家電リサイクル法的に、お金を払って処分すべきなのだろうか。

パソコン3R推進協会のQ&Aページによれば、サーバー、ワークステーション、ワープロ専用機、PDAなどは回収対象となっていないこと、法律上は1kg以下が対象外と規定されていることが書かれており、このまま考えれば、対象外と考えても良さそうですね。

普通に燃えないゴミの日に出してしまっても、そのまま回収してもらえそうですし。

まぁ、実際のところはお住まいの地域の役所に問い合わせるのが良さそうですね。
Raspberry Piが何者なのかを説明するのが大変そうですけどね。

posted by ayacy at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181258065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック