2017年10月30日

スーパーマリオオデッセイを少し遅れてプレイ中…意外とムズイ

Nintendo Switch用の新作ゲーム「スーパーマリオオデッセイ」をプレイ中です。
A1A1E2C6-95AD-4A51-9372-498B7E16B34D.jpeg

佐川急便への再配達指定に失敗して、到着が、発売日翌日である土曜日になってしまいまして、一日遅れでプレイしています。
映像が非常にキレイ。任天堂の作品って、だいたい3DS/2DSでプレイしているもんで、あまり綺麗な映像に会うことはないのですが、さすがにNintendo Switchだとキレイですね。

とりあえず、宣伝映像等でも散々使われている、八頭身の人間達が登場するビルだらけの国くらいまでは進めておきたいなぁと思って、進めました。

77AC01DD-0D63-4927-9F26-165CC07B4278.jpeg

八頭身の人間達が登場するのは、ニュードンク・シティという場所。
ゲーム序盤…というほど始めの方ではありませんが、プレイ開始から1日程度で辿り着けなくもない場所です。

信号機のところに「?」がありますが、いわゆる普通の「はてなブロック」なので、下から叩くとコインが出ます。

このあたりでは、すでにアクションには慣れてきているという難易度設定なのか、けっこう難しいです。
特に、地下発電所では30回くらい奈落の底に落ちてしまい、その都度リトライすることになりました。
特に、回転する足場がツライ。
それなりの忍耐力は必要なので、やはり、ゆとりゲーマーにはツライのかもしれない…。我々のようなおっさんゲーマー向けなのかもしれない。

ちなみに、回転力が落ちてきたあたりで、回転の速度が遅くなるので、そのタイミングで一気に駆け抜けるという方法でクリアしましたが・・・この方法で合っていましたかね・・・?

そうして超苦労してクリアしたステージのあと、ご褒美とばかりに、ライブが開催されます。
歌手は、ニュードンク・シティの市長が御自ら努めます。
なかなか演出が凝っており、非常に気分を高揚させられます(実はこれ自体が単一のステージ)。

このニュードンク・シティの市長は「ポリーン」さんだそうですが、どうやら、別のゲーム「ドンキーコング」で救出される「レディ」と同一人物らしいとのこと。なるほど、ニュードンク・シティの「ドンク」は、「ドンキーコング」に由来しているんでしょうかね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181421121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック