2017年11月29日

最近レンタルしたDVDの話(2)- カイジ2/美女と野獣

先日「銀魂」のDVDを借りまして、友人と、「最近、漫画やアニメで人気になった作品が実写化して撃沈するケースが多いけど、逆に成功しているものってなんだろう?」という話になりまして。

デスノート」とか「るろうに剣心」は良かったんじゃないかという話になりました。
藤原竜也が出ていると良いことが起きるんじゃないかという結論に達しまして、まだ見ていない「カイジ」を、ちょっと見てみようかと思いました。

95B26603-D8C8-47B7-B003-AD45507D68A8.jpeg

1作目を借りてきたつもりで、2作目を借りてきちゃったよ…。

やっぱり、漫画やアニメの世界を表現するために、監督と主演が大げさすぎる舞台と演技と演出をやっているのが高評価なのかもしれない。

美女と野獣」(ディズニーアニメ)のスピンオフ2作品が出ていることを知らなかったので、2作品とも借りてきました。

78A67D16-6F31-46AB-B9CD-74CB64A5AACF.jpeg

ふと思ったんですが、ポット夫人(Mrs. Potts)って、魔法の力でティーポットに変えられる前から、ポットって名前だったんですよね。
魔法は、かけられる一瞬のうちに対象人物の名前とか姓を忖度して、どんな姿に変えるのかを検討していたということか。

もし、ポット夫人の旦那さん(Mr. Pottsってことになるのかな?)がいたら、彼もまた、なんらかの「ポット」に変化させれれていたんだろうか。
ちょっと気になる。

そういえば、ポット夫人の息子 チップ(おそらく、彼も姓はMr. Pottsだろうか)は、ティーカップにさせられてましたっけな。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181675300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック