2017年12月06日

iOS11になってから、Wi-FiをオフにするのもBluetoothをオフにするのも面倒くさくなったので…

iOS11になってから、コントロールセンターからWi-FiをOFFしたりBluetoothをOFFしたりすることができなくなりました。

コントロールセンターからのOFF操作は、一時的にこれらの機能を使えなくするだけであって、例えば節電効果はないとのこと。完全OFFにするには、「設定」アプリからOFFにしなければならないそうです。

メンドイ。
メンドクサイ。

何か、簡単にON/OFFする方法はないものかと考えてみたところ、Siriに頼んでみたら簡単なんじゃないかと思い、「フルートゥースをオンにして」とお願いしてみたところ

IMG_4155_s.jpg

ONにしてもらえました。同じように「ブルートゥースをオフにして」とお願いすれば、Bluetoothが完全OFFになります
やった!これは簡単な方法を思いついたぞ!

…と思って、昨日朝、会社に着いたときにやろうとしました。

朝の会社はシーンと静まりかえっていて、日中のうるささを避けるために早めに出勤したであろう人達がすでに仕事をしており、とてもとても、「おはようございます」以外の声を出せる感じがしない。

こんなところで、
ヘイSiri! ブルートゥースをオフにして!
はい、Bluetoothをオフにしました。」
なんて声が聞こえてきたら、なんか目立ってしまいそう。

これ、満員電車の中で、ふとBluetoothをONにしたりOFFにしたりしたくなって、Siriに音声で依頼するのも、相当な勇気が必要ですよね。

自宅で一人でいるときならともかく、周りに人がいるときに声で指示をするのは、かなり勇気が必要ですね。
簡単だけど、あまり気楽な方法では無さそうです。



posted by ayacy at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181768028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック