2018年04月03日

何年越しかに観る「インターステラー」

最初に「観たい」と思ってからだいぶ経って、ようやく「インターステラー」を観ました。
レンタルで。

interste.JPG

最初に観たいと思ったのは、「宇宙と素粒子の夜」というポッドキャストを聞いたときなので、数年前のことだったか。
相対性理論に忠実に計算してコンピュータ・グラフィックスで描いたブラックホールの見た目が描写されているというもの。

このときは観たいなと思った物の、時間的な制約から観ることができていませんでした。

その後。
2018年3月24日の「ポプテピピック」で、インターステラーを観ていれば、元ネタがそれだと一目で分かるシーンが出てきたとかで。
ああ、とっとと観ておけば良かった!と後悔しまして。
それで、改めて観たいと思い、観ることにしました。

この映画は、ブラックホール以外にも、現時点での最新の理論に基づいた、正確な描写があちこちにされているとのこと。
ただの映画の面白さだけを追求するのではなく、そういった、科学的な、「現時点での最新の理論に基づいた正確な描写」を追求するというのも、なかなか面白いアプローチですね。



ちなみに、前述の「宇宙と素粒子の夜」では、新海誠監督の「ほしのこえ」にも触れている部分がありました。
それを聞いていた当時は、「ほしのこえ」はおろか、「新海誠監督」のことも知らなくて、聞き流してしまっていました。

ちゃんとその時に聞いていれば、作品を観ていれば、「君の名は。」ブームより前から、ちゃんと新海誠監督のことを知ることが出来ていたんだろうなぁ。


posted by ayacy at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182877821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック