2018年08月20日

2019年度以降のサイトの姿をどうしようか

トップページにも記載しましたが、2018/8/25(土)〜26(日)に、サーバ上のシステムの更新を行う予定です。
これに伴い、一時的にサイトに接続できなくなる可能性があります。
また、更新の影響で、一部ページ(もしかしたらブログを除く全ページ)に障害が発生する可能性があります。
障害はなるべく、8/26(日)中には消息させたいと考えております。
予めご了承下さい。


さて、話は変わりまして。

趣味を遂行するわけでもなく、赤字垂れ流しオンリーのサイト運営をどうしようか…の話。
当ブログの上部に、「2019年3月末で公開終了となる予定」ってことを書いているわけですが、具体的にどうしようかはまだ考え中です。
一つには、技術的なネタを書くために特化したCMS的なサイトを作るか(そのためにコンクリート5の調査とかしてます)、昔の「管理人のひとこと」みたいに、HTML直書きのページをダラダラ技術ネタで書くか…とか。

ただ、最近、某セキュリティ企業関連のトラブルが発生する度に「2012年に発生した誤検知事件を忘れない」「ああいう事件を起こした企業だから、今回もこういう事件を起こしたんだ」というツイートと共に、当サイトの記事にリンクされることが多くあり、当ブログを単純に公開終了するのではなく、技術ネタが書かれた日のページだけを残す(URLを維持する)というのも重要な選択肢かなと考えています。

つまり、ブログとしての「管理人のひとこと」の形態は残し、単純に日常ネタを消すだけに留める感じ。なんなら、2010年以降の技術ネタは復活させても良いのかも知れない。

特に、例の誤検知騒動については、当サイトのURLに、ある種のモニュメント的な位置づけを見いだしている方も多くいらっしゃるようですし。


後日、ちゃんと記事にしたいと思っていますが、最近、「アンガーマネジメント」という言葉をTwitter上でよく見かけることがあります。
少し前から、コンビニ店員や宅配便の配達員を怒鳴りつけて土下座させて、その様子をSNSに上げて炎上するケースがありましたが、ああいう「怒る」ことをセーブすることを、アンガーマネジメントと呼んでいるようですが。

2012年の連続誤検知の時は、逆に、適切に『怒らなかった』ため、泥沼状況が生まれて事態が進まなくなり、2014年の1月まで事態が長引いてしまったのかもしれないな、と思うようになりました。
つまり、多少嫌われることも覚悟の上で「怒る」仕草を見せていたら、2014年1月の正常な決着状況を、もっと早期に導くことが出来ていたのではないか?
長引いてさえいなければ「レジストリカスタマイズツールだから/デフラグするツールだから 誤検知されやすかったんだ」という安易な誤解をしてしまう人を無駄に増やすことも無かったんじゃないか?と。
たぶん、いまだにその誤解ありそうだし。

そんな後悔もあります。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184078026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック