2018年08月22日

発展途上時は頼っていたけど、発展しきったら切り捨てるの図。最近のTwitter。


Twitterは発展にあたっては、サードパーティ開発者によるエコシステムに頼っておいて、発展しきったところでサードパーティ開発者の締め出しを始めた感じがする。広告収入の効率向上をしたいんだろうけど、なんだか踏み台にされた感覚はなくもない。

自分の場合、Twitterの開発者登録はしていて、自分向けのツールとしてはTwitterクライアントを作ってはいた。
ただ、他の開発者が、ユーザーからの心無い罵声を浴びせられている様子を見て、他人向けへの開発はしないようにしようと心に誓っていた。

今回のTwitter社によるサードパーティ製開発者の締め出し騒動を見て、理由は別だが、本格的な開発を行っていなくて良かったなぁと心から思う。


ところでこの記事に対するTwitter上での反応を見たとき、ふと違和感を感じた。

使われなくなったということは、公式が便利になったということ、とか。
過去のAPIに固執しているだけに思える、とか。

なんか、ちょっと違う。

たぶん、オンラインソフト開発者にしか分からない感情かもしれない。
心を込めて開発してきたソフトは、作者にとっては子どものようなもので、固執と言えば固執かも知れないけど、今後も丁寧に育てて(バージョンアップさせて)あげたいと思ったりもする。

それが、足下のAPIの仕様変更や、使用制限を食らったりする。
半ば理不尽なやられかたで。

こういった、開発者心理、開発者モチベーションの撃沈は、ある意味、オンラインソフト作者でないと分かりづらい概念かもしれない。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184180028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック