2018年10月04日

ブルーライトカット伝説


とのころで、ブルーライトカットのPCメガネは、無意味だったらしいことが判明。
私はド近眼なので、度の入ったメガネを利用していますが、付加効果として、いくらかお金を払って、ブルーライトカットの機能を加えています。マインクラフト風に言うと、レベルを払ってエンチャントか。

意味なかったというわけですね。
科学的検証を脳内で繰り広げる以前に、ほぼ当たり前のことのように信じてしまっておりました。
大昔に実家に置いてあった、謎の「水道水に磁力的付加作用をもたらす」装置同様、大昔から当たり前に置いてあると、人は盲目的に信じてしまうものですね。

とはいえ、これからもメガネ屋ではブルーライトカットメガネが売られ続けるのでしょう。
あれだけマイナスイオンには意味がないと言われ続けているのに、壁紙業界ではマイナスイオン壁紙が売られ続けているように。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184582796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック