2018年11月01日

気になったコメント。自分はかつて、なんと呼ばれていたんだろう???

先日、16年ぶりのWWWCの更新を報じた窓の杜の記事を取り上げた話題を書いたのですが、それを見た方のTwitterでのコメントで、WWWCも懐かしいが、いなさんも懐かしいというようなものがありました。

まぁ、自分も懐かしく思われるような立ち位置なんだなぁというところはとりあえず置いておいて。

いなさん」?

「INASOFT」の「INA」を採って「いな」さん、といったところかな。
「マイクロソフト」なら「マイクロさん」とか(笑)

「ソフトバンク」なら「バンクさん」か(笑)。まぁそれは冗談として。

とはいえ、ゲーム製作サークルの「葦葉製作所(よしばせいさくしょ)」の活動で、イベント飲み会に参加したときなんかは「葦葉さん(よしばさん)」と言われていたこともありました。だから、あり得ない呼び方というわけでもないでしょうね。

ただ、過去に、他の人から「いなさん」と言われたことなんて一度も無かったので(書かれたのを見たこともなかったので)、ちょっとビックリしました。

その後、僕が不思議に思っていることをご本人が気づかれたため、聞いてみたところ、おそらくその呼び方をしていたのは自分だけだろう、とのこと。

と、そこでふと思ったのですが、自分はかつて、多くのユーザーさんに(主に脳内で)なんと呼ばれて(読まれて)いたんだろうか?と。
フリーソフトの作成者と利用者の間だと、わざわざ口に出してしゃべったり、面と向かって呼びかけられることなんてほとんどないので、利用者の方々がそれぞれの脳内で、自分のことをどう呼んでいたのかなんてわからないので。


そういえば、ある記者の方が「すっきり!! デフラグ」をどういうイントネーションで呼んだら(読んだら)良いのか、悩まれていたことがありました。
僕自身も、この言葉を脳内でしか認識したことがなく、わざわざ口に出すこともないので、どういうイントネーションで呼んだら(読んだら)良いのか、考えたこともありませんでした。

そんな感じで、このサークル名「INASOFT」とか、僕の個人名とか、ユーザーの皆さんが当時、どう認識して呼んで(読んで)いたのか、ちょっと気になりました。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
こんにちは。

私は一時期「葦葉製作所」が読めなくて、「いなば製作所」ってずっと読んでました・・・。
だから「INA」SOFTさんなのだと思ってました。
Posted by ワンタッチソフト at 2018年11月02日 10:32
なるほど。
ちなみに、葦は「あし」と読むことが多いからか、「あしば」さんとか言われちゃうことはたまにありますね。
Posted by Ayacy at 2018年11月02日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184795512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック