2019年01月11日

最近の喪中はがきのテンプレートは、年賀状送って下さいになっているとか

最近の喪中ハガキのテンプレートは、年賀状を出しても構いませんと書いているとのことで、郵便局も喪中で一世帯分の年賀ハガキの売り上げを落とすのは嫌だろうし、喪中でも年賀状を出す文化は推進したいところでしょうね。

とくに、付き合いが微妙(年賀状を出すべきか否かで悩むレベルで、情報のやりとりがほとんど無い)な相手だと、喪中かどうかわからないという理由で年賀状を毎年出さないということもあるだろうし、そういったことでの売り上げ減も防げるのかも。

まぁ、そういったところでは、喪中かどうか分からないと出せない不便な年賀状よりは、暑中見舞いや寒中見舞いというカタチで出すことも多いんでしょうけどね。

郵便局的には、寒中見舞いノルマというものは存在しなくても、年賀状ノルマは存在していそうですし、年賀状の売上げが伸びたほうが、職員的にはうれしいのかもしれません。

あ、そういえば、最近は年賀状ノルマをなくしたという箇所もあるという話でしたっけ。

ちなみに最近、ラジオ番組を聞いていたら「平成も最後だし、年賀状を出すのはこれで最後にします」ということが書かれた年賀状も増えているとか。

また、「終活」と称して、「いつ死ぬか分からないので、年賀状はこれで最後にします」ということを書く人もいるとか。

何かしら、何でも良いから理由を付けて、年賀状の未練を断ち切る工夫が、あちこちで行われているようです。
郵便局にとっては痛手かもしれませんが、これも時代なのかもしれないですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
自爆営業は名前を変えて今も残ってるらしいですね
Posted by romrom at 2019年01月12日 13:08
なんだかんだで、ノルマ的営業は残っているんですね。郵便局の一般職員的にも、無くなって欲しいものでしょうね。
Posted by Ayacy at 2019年01月12日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185327035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック