2019年01月09日

タスクトレイにアイコンが常駐するアプリの操作法を示すための次の手を考えたい

先日の管理人のふたことにも書いたとおり、「スマホ/タブレットの操作に慣れているものの、PCの操作に不慣れな人」という、新しいタイプの初心者が増えていることを始めとした初心者対策の強化を行う必要を感じています。

一昨日は、「NumLockLock」の二重起動時の案内強化を試みまして、続けて昨日・今日と、「マウスのお供」「マウスふるふる」「コピペテキスト修飾除去」でも同様の対策を試みました。

mtmo_dlg.png

mousefr_dlg.png
delattr_dlg.png

これらは、タスクトレイに常駐するタイプのソフトウェアを立ち上げて、タスクトレイのアイコンを見付けられなくて、あるいは設定など様々な機能に触れる方法が分からなくて、疑問に感じて、本ソフトを二重に立ち上げてしまったことを契機に発動するヒントとなります。

そのもっと前に、本ソフトが起動したときにヒントを表示することも、試みた方が良いかと考えております。
起動時のヒント表示です。こんな感じのモードレスダイアログを表示しようかと考えています。

nmlklk_op_dlg.png

起動と共に、タスクトレイのアイコンへのアクセス方法をモードレスダイアログで示します。
「閉じる」を押すと閉じます。
このダイアログは、毎回起動時に表示されることになりますが、「次回起動時からこのダイアログを表示しない」にチェックを入れれば、次からは表示されなくなります。

こんな感じで考えています。

PCに使い慣れている人にとってはウザいインターフェースに見えるかもしれないのですが、1回チェックを入れれば二度と表示されなくなるわけですし、そこんところは、新規参入した初心者のためということで、目を瞑っていただければ…と。

このダイアログの表示を試みたNumLockLockの最新バージョンは、今週末(3連休中)に公開しようかと検討中です。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
常駐系の全アプリで同じ処理を追加するのってなんだか効率悪そう。
いっそのことこの処理を共有DLL化したほうがいいと思うのだが。

Posted by ff at 2019年01月09日 08:21
今から作り始めるのであれば、そう言う選択肢もあったんだろうなぁと妄想することはあります。
(常駐系ソフトの共通化については、だいぶ前にも構想を書いたこともあったかと思います)

ただ、今からベースから作り直すとなるとかなりの手間になるため、昨今ではなかなか、学生時代ほどにまとまった時間が取れないこともあり、現実には難しいですね。
Posted by Ayacy at 2019年01月09日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185344775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック