2019年01月23日

市名と県名が同じだが、県庁所在地でないところが気になって

先日、沖縄県の基地移転計画に関連するニュースの中で、「沖縄市」というキーワードが出てきました。

正直なところ、学生時代は、日本地理も世界地理も非常に苦手でしたので、地名(市の名前や県の名前も含めて)を覚えるのは苦手でした。場所と名前もよくわかんなかったりしますし。

でも、市名が県名と同じところは、県庁所在地なんだろうなということは、漠然と覚えていました。
そして、那覇市が沖縄県の県庁所在地であることは、まぁ知っていました。

なので、「沖縄市」という地名を聞いて愕然としました。
やべぇ、知らない…。
最近出来たところなのかな?2003年以降とかに。そうしたら、学校の授業で習わないから、知らないのも無理はないよね…。
と思ったら、沖縄市が誕生(コザ市と美里村が合併)したのは、1974年とのこと。
僕が生まれる前です。
ということは、当然、学生時代には存在していたわけで。
僕がただ単にバカなだけでした。


さて、話は戻りまして、市名が県名と同じところは、県庁所在地なんだろうなということは、漠然と覚えていたわけですが、それは間違っていました。

となると、市名と県名が同じだけれども、県庁所在地でないところは、沖縄市の他にどこがあるのか?
調べてみたところ、3カ所あるとのこと。


そういえば、小学生の頃、社会の地図帳の巻末に書かれた県庁(都庁/府庁/道庁)所在地等のデータが書かれた一覧表の中で東京都の都庁所在地の名称が「東京」と書かれていたのが、気になっていました。

当時、両親にそのことを尋ねたところ、「東京の都庁があるのは新宿だろう」と言われました。
たしかに、東京都の都庁舎があるのは、新宿区西新宿二丁目なので、「新宿」と書かれていてもよさそうなのですが、なぜか「東京」と書かれている。

だいたい23区のあたりが、旧東京市だからか。
あるいは、東京都の区は特別区で、その上位自治体に市が存在していないので、便宜上、市を「東京」ということにして書いているのか。

いや、23区の上位自治体は、「東京都」そのものか。
二重行政を防ぐためだったか、なんだったか、東京都が直接、23区のエリア「も」管轄しているんだったか。
そういう意味では、東京都の都庁所在地は、新宿区(を管轄する東京都)ということで、まぁ、いいのか。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185377742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック