2019年01月25日

昭和100年問題という問題があるらしい

先日初めて、昭和100年問題なる言葉を聞きました。

日本の一部の、おそらく官公庁とかで使っているソフトウェアの内部処理として、年が昭和で処理されていて、平成に変換して画面表示しているケースがあるとか。その桁数が3桁(昭和100年)になる2025年に、問題が表面化するのだとか。

何が起きるのかは実装依存とのこと。

当初は、2000年問題が2000年に発生するのに対し、昭和100年問題は2025年に発生するから、「まだ25年もある!」「だから昭和による年号処理は優秀!」なんて言っていたらしいのですが、もうすぐ2025年が来るとなると、そうも言ってられない。

しかも、こういった時代のプログラムは、COBOLや当時のアセンブリ言語で作られていたりするだろうから、読める技術者も少なくなっているはず。ヤバい状況が、2000年問題の時より酷くなっているのかも。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185401917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック