2019年01月28日

「来る」という映画が不振だったそうで。個人的には楽しめたけど……、宣伝不足では?

去年末に「来る」という映画を観てきた話を書きました。個人的には楽しめたのですが、世間的には、評価はあまり高くないらしい。先日のニュース記事で、今期の東宝の不調の一つとして紹介されていました。

記事の中では、作品の内容が不評のようなことが描かれていたのですが、ある人の意見として「来る」というタイトルでは検索エンジンでヒットしづらいのではないか?ということが述べられていました。

たしかに、普通の単語すぎて、検索してもノイズが激しすぎる。

検索でヒットしやすいかどうかを指す言葉として「ググラビリティ」(Googlability)という言葉があるそうで、その言葉を使って説明されていました。人々が検索しようとしても、「来る」という一般的すぎる単語では見つかりづらい。

Twitterで多数の人がつぶやいたとしても、「来る」は一般単語なので、トレンドワードに上がることがないのだとか。

ちなみに映画の原作は「ぼぎわんが、来る」というタイトルだそうなのですが、「ググラビリティ」(Googlability)的な意味では、その「ぼぎわん」という言葉を削除したのは失敗でしたね。


ちなみに僕としては、検索云々以前の話として、人々の間にこの作品がきちんと知られたのか?宣伝が足りなかったのではないか?と思います。
ザキヤマさんが「くーーるーーー(本人は出ません)」と叫ぶCMを行っていましたが、映画の内容が「ホラーである」こと以外、伝わってこない。観に来させようとするような要素があまり出てこない。
もっと、しつこいくらいに宣伝しても良かったんじゃないかな、と思います。

せっかく伊集院光さんと柴田理恵さんが出ているのだから、朝のTBSラジオでガンガン宣伝するとか。
監督や主演者をゲストに呼びまくるとか。
それくらい手を尽くしても良かったのではないかな、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185448511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック