2019年02月06日

「プーと大人になった僕」を観ました。ああ、こういう越境話は大好きだ

本当は映画館で観たかったのですが、当時はとてもそんな余裕がなかったので、レンタルDVDで観ました。
プーと大人になった僕」。

原題は「Christopher Robin」です。主人公の、元少年の名前。
これをそのまま翻訳して「クリストファー・ロビン」としても、何を言っているのかよくわからなかったでしょうから、映画の内容を踏まえた「プーと大人になった僕」を邦題にしたのは、大正解だったでしょう。

「アナと雪の女王(原題:Frozen)」「カールじいさんの空飛ぶ家(原題:Up)」同様に、ナイス判断です。

さて、内容についてですが、ものすごくスゲェというものではなかったですが、さりげなく良かったです。

大人になったクリストファー・ロビンと、100エーカーの森の住人達の久しぶりの再会と交流も面白かったですが、その後の、絵本の中だけのはずの登場人物が、現実の世界(ロンドン)のに現れて、そこにいる人達をビックリさせるような展開は、基本的に大好きです。

ネバーエンディングストーリー3で、ファンタージェンの住人達が現実世界に出てきて一暴れするような感じのとか、好きだったし。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185499356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック